So-net無料ブログ作成

柔道とJUDO

  リオデジャネイロ・オリンピックもいよいよ終盤です.
  金メダルを獲った選手は,間違いなく全員その喜びの表情を全身で表すのですが,気になるのは銀・銅メダルを獲っていながら「恐縮しきっているような表情」と共に「詫びの言葉」を述べる選手もいることです.
  選手が緊張などで本来の力を出し切れず,自分自身で悔しがるのは構いませんが,他者のために「恐縮し詫びなければならない気持ち」になってしまうのであれば本当に気の毒だと思います.
  特に日本のお家芸と言われる『柔道』.
  確かに「本来の『柔道』は日本発祥」の競技ですが,オリンピックの競技として採用されているのは「本来の『柔道』ではなく『judo』」です.
  組み手を嫌い,「『柔能く剛を制す.弱能く強を制す』心技を磨くことを放棄」し,レスリング同様の体重別競技制や審判の曖昧な指導ポイント制の採用など,『judo』は『柔道』とは全く別の,非日本発祥の競技になっているのが実情です.
  もうそろそろ非日本発祥の競技『judo』の実情を受け入れ,他の競技と同様,出場選手に余計な負担を感じさせないようにし,銀・銅メダル獲得を心から喜べるようにしなければ,……と感じました.
  ※:全階級でメダルを獲得した選手たちと,井上康生監督の努力には,こころから敬意を表します.
   本当にお疲れ様でした.

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る