So-net無料ブログ作成
検索選択

日本臨床心理士資格認定協会主催:金沢臨床心理士研修の感想 [臨床心理士]

★ 2011年5月24日,日本臨床心理士資格認定協会から第66回研修会の案内が届きました.金沢市のKKRホテル(こころを込めたおもてなしの略=KKRなのだそうです)で行われた第65回研修会に参加した感想をと思っていながら,東北地方関東沖地震の影響や諸雑用に振り回されているうちにずい分な時が経ってしまいました.

★ という訳で,……今更という感じもするのですが,金沢市のKKRホテルでの研修会の感想です.但し,研修内容についての感想ではなく,専務理事の大塚義孝先生の講話についての感想です.

★ 講話の中でも,ある若い女性臨床心理士が海上自衛隊に採用されていて,一等海尉として任官している(大塚先生は「一等海尉」のような自衛隊の階級では分からない方がいらっしゃるだろうということか,「海軍大尉」という言葉も使って説明されていました)といった紹介についての感想ではなく,「開業の奨め」についての感想です.

★ 大塚先生は私に聞き間違いがなければ,臨床心理士に「開業の奨め」を説かれていました.

★ ただ私のような開業臨床心理士の立場からすると,臨床心理士として開業するためには,大学院を出て臨床心理士試験に合格するだけではなく,『開業後,経営・業務を続けられるだけの能力を開業前に身に付けている必要』が出てきます.開業してすぐに倒産するようでは,クライエントの方にも迷惑をかけてしまうからです.

★ ところがその能力を身に付けることは,実は簡単に開業を奨めて善いものかと思えるほど,今の日本では意外と大変なことなのです.

★ 臨床心理士で,世間で言ういわゆる一流総合大学の学生相談室長を永年勤め,定年退職を機に開業した方をお二人ほど知っていますが,お二人とも開業後数年を経た現在でも,経営が成り立っているとは言えない状態です.

★ つまり,いわゆる一流総合大学の学生相談室長を永年勤めた臨床心理士でも,開業臨床心理士として経営・業務を続けられるかどうかは,全くの未知数といった状態なのです.

★ まだ臨床心理士は,臨床心理士という資格名称だけでクライエントにお越し頂けるほど世間的評価を得ている訳ではなく,その経営・業務は概ね,無事終結した方々やそのご家族,お知り合いの方々からのご紹介で成り立っているのが開業臨床心理士オフィスの実情だからです.

★ 開業後,紹介をして頂けるような結果を残し続けられるかどうかにかかっているのです.

★ それが実情だとしたら,「開業を奨める」ためには,「開業に耐え得る能力を身に付けられる然るべき機関」を確保し,就職を勧めなければならないことになります.

★ そうすると,「開業を奨める」前に,まずは「然るべき機関への就職を勧める」べきということになるはずです.

★ 大塚先生の「開業の奨め」,私は「んん~ん!?」 といった感じで伺いました.  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
メッセージを送る