So-net無料ブログ作成
検索選択
うつ病と心理テスト ブログトップ

2016年10月11日のつぶやき 2016/10/12 [うつ病と心理テスト]


2016年09月12日のつぶやき 2016/09/13 [うつ病と心理テスト]


2016年09月08日のつぶやき 2016/09/09 [うつ病と心理テスト]


(一社)日本心理臨床学会第35回秋季大会で共同発表をしてきました. [うつ病と心理テスト]

  9月6日(火)10時~12時,(一社)日本心理臨床学会第35回全国大会で「『うつ病や抑うつ傾向の投映法心理アセスメント(心理テスト)』の信頼性を検証~簡単な鉛筆画と色彩選択を組み合わせた投映法心理アセスメント『PADDC』の検証~『質問紙法のような,予め結果が予想できるアセスメントから,結果を予想できないアセスメントへ」に関する共同発表を行ってきました.
  A4両面カラー印刷+A3両面カラー印刷で1セットの資料を手渡しながら発表者3名で110名の来訪学会員に解説,質疑応答,場合によっては論戦? をしてきました.
  中には現在博士論文執筆中という大学院生のように,「PADDCはPOMSなどでの検証を済ませてあるのですか?」といった質問をされた方もいらっしゃいました.
  このような質問は,PADDCがそもそも手間のかかる包括法ロールシャッハ・テストの自殺指標検証と同じ方法で検証済みで,「そのような手間のかかる方法を避け簡易的な方法での検証を試みる時に,一般化されている質問紙法テストを用いる」といった基本に立ち返って頂ければ自ずから回答を見つけられるものでした.
  ところで今回の来訪学会員の特徴は,精神科医師や看護師など,医療関係者が多かったことでしょうか.
  総じて大変高い評価をして下さる方が多く,中には「ストレスチェックなどにもよく,帰ったら早速,PADDCをウチで採用するよう上司と掛け合います」とか,「PADDCが全国で使われるようになると本当に良いと思います」といった言葉を残して下さいました.
  また発表中に全国大会実行委員会事務局員<今年度は国際医療福祉大学大学院生>の方から,「昨年度から始めた学会ホームページ上で『注目を集めた今年度の全国大会発表』用紹介写真として撮影させて欲しい」といった申し出を受け,撮影をしていかれました.
  昨年度の例では,『注目を集めた~紹介写真』として紹介される発表は,発表件数の3%以下でした.
  会場で手渡しながら解説に使った資料は,まだ少し残りがあります.
  受講生さんたちへのお土産にと思っています.  
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年08月25日のつぶやき 2016/08/26 [うつ病と心理テスト]


うつ病の投映法心理テストPADDCの研究基礎紹介 [うつ病と心理テスト]

2016-08-25心理臨床学会会場配付資料用会報抜粋.pdf
うつ病と抑うつ傾向の投映法心理テスト(心理アセスメント)~簡単な鉛筆画と色彩選択による~PADDCの研究基礎紹介です.
恣意的にならないストレスチェックにも最適です.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年08月21日のつぶやき 2016/08/22 [うつ病と心理テスト]


2016年08月19日のつぶやき 2016/08/20 [うつ病と心理テスト]


放送大学公認学生団体 心理臨床研修会8月28日定例研修会 [うつ病と心理テスト]

 8月28日(日)お茶の水女子大学での偶数月基礎研修班は,既にバウムテスト実習&分析法基礎解説,ドイツ心理学と英米心理格の視座の違い紹介の他に,
 1)公認心理師と臨床心理士に関する最新情報の紹介,
 2)進学希望者検討者用の大学院修士論文用研究テーマ例を紹介,
 ……などが予定されていますが,その他に,
 3)PADDC(簡単な鉛筆画と選択色彩によるうつ病や抑うつ傾向の投映法心理アセスメント(心理テスト)の実習体験者を企画しています.
 この3)はPADDCの2つの開発目的,
 ①投映法による信頼性の高いうつ病や抑うつ傾向,ストレスチェックに役立つ心理アセスメント(心理テスト)の開発と,
 ②投映法の知識がほとんどない方でもマニュアル等を読めば誰でも正確に思考できる心理アセスメント(心理テスト)の開発,
 ……のうち,②番目の開発目的が達成できているかの確認データを求めるための協力依頼でもあります.
 PADDCの実習体験を兼ね,ご協力頂ける方はぜひノートパソコンをご持参の上,ご協力下さいますようお願い申し上げます.
 ※:貸与用のPADDCソフト入りUSBは,十分用意しております.
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年08月17日のつぶやき 2016/08/18 [うつ病と心理テスト]


2016年08月15日のつぶやき 2016/08/16 [うつ病と心理テスト]


2016年08月13日のつぶやき 2016/08/14 [うつ病と心理テスト]


(一社)日本創作療法学会第35回秋季大会での配付資料が完成しました. [うつ病と心理テスト]

  第3日目6日(火)午前10時~12時,(一社)日本心理臨床学会第35回秋季大会で共同発表の「『うつ病や抑うつ傾向の投映法心理アセスメント』の信頼性を検証~簡単な鉛筆画と色彩選択を組み合わせた投映法心理アセスメント『PADDC(Projective Assessment for Depression by Drawing and Color)』の検証~」会場で配布する資料が先ほど完了しました.
  A4サイズ換算6枚分に,カラー画像を11点入れました.
  今回の発表主要テーマであり,これからの最大課題でもある「『描画式投映法心理アセスメント(心理テスト)』はもちろん,そもそも『心理学の基礎知識にも馴染んでいない』方々でも簡単に実施できるツール」になっているかどうか,といった点の確認に役立つ配付資料を心がての執筆のため,枚数も画像数も多くなってしまいました.
  後は何枚用意するかの検討ですが,少し多めにプリントしようと思っています.

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年08月12日のつぶやき 2016/08/13 [うつ病と心理テスト]


(一社)日本創作療法学会第35回秋季大会:2016年9月4日(日)~7日(水) [うつ病と心理テスト]

  9月4日~7日にかけてパシフィコ横浜で(一社)日本心理臨床学会第35回大会が開催されます.
  その第3日目の午前10時~12時に「『うつ病や抑うつ傾向の投映法心理アセスメント』の信頼性を検証~簡単な鉛筆画と色彩選択を組み合わせた投映法心理アセスメント『PADDC(Projective Assessment for Depression by Drawing and Color)』の検証~」の共同発表を予定しています.
  その折り発表会場に掲示する大型ポスター(横90cm縦180cm)原稿を完成し,印刷依頼は済ませました.
  さあ,今日から3日間のお盆休みを使って会場での配付資料作りです.
  会場来訪者に「来て良かった!」と思って頂ける(うつ病や抑うつ傾向,ストレスチェック等に役立つことが一目瞭然となる)ような配付資料を作りたいと思っています.
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年08月10日のつぶやき 2016/08/11 [うつ病と心理テスト]


メモリーを忘れて印刷できなかった「うつ病の早期発見用投映法心理テスト」 [うつ病と心理テスト]

 昨日原稿を収録していたメモリーを忘れたため印刷依頼できなかった「うつ病の早期発見用投映法(投影法)心理テスト(心理アセスメント)ツール,PADDCに関する日本心理臨床学会発表用ポスター」,今日は無事に発注できました.
 私だけの学会発表ではなく3人の共同発表なので,何となく肩の荷を降ろせた気がします.
 仕上がりは8月14日午後3時頃とのことでした.
 お蔭で今晩はぐっすり眠れそうです.
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2016年08月09日のつぶやき 2016/08/10 [うつ病と心理テスト]


うつ病の早期発見用投映法心理テスト,メモリーを忘れたため~~~ [うつ病と心理テスト]

 うつ病の早期発見用投映法(投影法)心理テスト(心理アセスメント)ツール,PADDCに関する日本心理臨床学会発表用ポスターのプリント発注のため印刷会社を訪ねたのですが,肝心要のメモリを忘れたため発注できませんでした.
 自分の精神衛生上,歳のせいではなく暑さのせいにすることにしました.

日本心理臨床学会第35回秋季大会発表論文集電子書籍版がホームページに掲載されました. [うつ病と心理テスト]

  今日(2016年8月4日),開催日時⇒2016年9月6日(火)10時~12時:会場⇒パシフィコ横浜で私の他2名による共同発表予定の小論文,「『うつ病や抑うつ傾向の投映法心理アセスメント』の信頼性を検証~簡単な鉛筆画と色彩選択を組み合わせた投映法心理アセスメント『PADDC』の検証~」が掲載された学会発表論文集電子書籍版が同学会HP会員のページにアップされましたとの通知を受けました.
  もう発表当日まで約1ヶ月になってしまいました.
  そろそろ会場での配付資料の準備に本腰を入れなければなりません.
  配付資料は「簡単な鉛筆画と“色彩選択”を組み合わせた投映法心理アセスメント」に関するものなので,A4サイズ両面カラー印刷で纏めたいと思っています.
  少し夏ばて気味? ですが,頑張ります!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

PADDC(うつ病と抑うつ傾向の投映法心理アセスメント) [うつ病と心理テスト]

  ★ 企業の中間管理職や学校の窓口で直接職員や学生の相談に応じなければならない立場の方用の心理テスト.
  ★ 簡単な鉛筆画と色彩選択によって評価する投映法心理アセスメントなので,受検者の操作性による不正確さがありません.
  ★ 心理学領域の知識がなくても2~3時間の使い方研修を受ければ誰でも,相談者が「うつ病や抑うつ傾向状態の方かどうか」といったことが分かり,医療機関や専門家へのご相談や,有給休暇を取ってのリフレッシュをお勧めするなど適切な対応が出来やすくなります.
  ……といったテストが完成しました.
  1016年は,「心理学領域の知識がない方」の募集を重ねて,3番目の★の証明データの強化と取り組んでいきます.
  ※:ちなみに「PADDC」は,「Projective Assessment for Depression by Drawing and Color 」の頭文字略です.日本語では,「うつ病と抑うつ傾向の投映法心理アセスメント~簡単な鉛筆画と色彩選択による~」です.
  
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

うつ病と抑うつ傾向の投映法心理アセスメント:人事労務職員&健康保険組合用 [うつ病と心理テスト]

 人事労務職員や健康保険組合職員が直ぐに使えるようになる「うつ病と抑うつ傾向の投映法心理アセスメント」が完成しました.
 心理や医療の専門知識のない職員でも2~3時間の研修を受ければ実践で使いこなせるようになります.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
うつ病と心理テスト ブログトップ
メッセージを送る